サービスについて

私は15年以上もの間様々な業界を通して、モバイルタブレットウェブサイト、着用可能なデバイス、ゲーム機におけるあらゆるプロジェクトで働いてきました。

これまで提供してきた幾つかのサービスについて下記で説明します。

Copyright © 2016. Jeremy D. Thomson. All rights reserved.

 

✉ solutions@jeremydthomson.com

私はこれまで様々なクライアントのためにウェブやモバイル、PC、ゲーム機のヒューリスティック評価を行ってきた実績があります。


クライアントの目標を確立して認識すること、製品を分析すること、そして分かり易くUXを優先順位で提案すること、これらすべては私が責任を持って制作し、レポートすべき内容となります。

私はまた、特定の企業に焦点を当て、モバイルにおいて膨大なアプリを分析し、競合他社の評価も作成してきました。

クライアント:マイクロソフト、ブリザード、ロバートハーフ

ヒューリスティック評価と競争力のある分析

私は顧客のペルソナや企画資料、サイトマップ、カスタマージャーニー、ワイヤフレーム(ロークオリティとハイクオリティ)に至るまでを管轄し、それらを通してUXデザインドキュメントを効率的に制作してきました。

 

クライアント:Indeed, マイクロソフト, エレクトロニック・アーツ

デザインドキュメント

既存アプリの改善から新しいものを制作するまで、私はアプリとゲーム開発の両方において実績を上げてきました。

競合他社のアプリを分析して、お客様の要望とビジネスニーズ合わせ、それらの評価から基本機能を決定していきます。

それからモバイルデバイスの多様性とOSの種類を慎重に検討し、ユーザーフローとサイトマップ、ワイヤフレームを制作します。

お客様にとって最も理想的なモバイルエクスペリエンスを制作するために、UXは開発プロセスの最初から最後まで関与する必要があります。

 

 

クライアント:マイクロソフト、エレクトロニック・アーツ

モバイルデザイン

UXデザインプロセスにおける最も重要なステップとは、「最初から頻繁に」UXテストを行うことです。

 

内部と外部のテスト両方を含め、私は完璧なテストのプロセスを実行し、チームをメンタリングしてきました。これはつまり、バイアスを減らし、可能な限り最適なフィードバックを収集し、レポートを作成し、フォローアップするまでの実績を意味します。

これまで行ってきたテストにはマンツーマン、グループテスティング、ジャーナルススタディー、カードソーティング、A/Bテスティングがあります。

 
 

クライアント: センチュリー21、エレクトロニック・アーツ、Usability Counts

テスティングとレポーティング

その他のサービス

上記以外に特筆したいサービスについて:

ウェブデザイナーとしてのキャリアもスタートしていて、勉強を続けながらウェブを制作しています。
Webydo、ワードプレス、Shopify、Vignette、カスタマイズした HTML/CSS。

UXデザインの重要なパートとして、既存のインターフェースを改善するだけでなく、クライアントと顧客双方の目標を合致させ、新たなゴールを設定する役目も担います。

ペーパーやHTML/Flashプロトタイプもデザインプロセスの重要なプロセスとであると確信しています。

 

 

クライアント:ロバートハーフ、エレクトロニック・アーツ、Indeed

プロトタイピング

UXデザイナーが発揮すべき最も重要な役割とは、人に力を与え、メンタリングや教育を通じて文化的な変化をもたらすことです。


グループディスカッションやランチでのキャッチアップ、プレゼン、ワークショップ、カンファレンスを通じて、ユーザーエクスペリエンスの理解の促進を図り、チームをポジティブな方向に働きかけることが私がすべき仕事の大部分となります。

これまで私はフォーチュン500企業の最初のグローバルUXカンファレンスを立ち上げたり、Bruce TognazziniのようなUXスペシャリストと連携したり、様々なUXに関する知識を持つグループに対してプレゼンをしたり、UXブログを書いたりしてきました。


クライント:全クライアント対象(これまで関わったすべてのクライアントに対して継続的に教育を行ってきました)

メンタリングと教育

ウェブデザイン

カスタマイズしたメトリクス

インターフェースデザイン

3年という歳月をかけて開発し、UXのスペシャリストや学者による理論を取り入れ、オリジナルのUX評価ツールを構築しました。

 EN

/

 JP